介護事務職資格取得の前に知っておきたいこと

実態と施設選びのポイント

介護サービスの担い手はどこも人手不足が叫ばれています。事業所数、種類ともに増加していますから、通勤に便利な施設を見つけることも難しくないようです。事業所のサービス内容や規模によって実際の業務内容や手当などに差があるので注意深く求職する必要があります。
例えば、大きな事業所なら介護事務職だけで何人も在籍しており、時間帯も日勤のみ、平日のみの求人があるようですし、逆に小さな事業所の場合は色々な業務を兼務するケースも珍しくありません。介護事務職として就職しても場合によっては介護士のお手伝いをすることもあるようです。
また、介護事務職の給与は決して高いとは言えません。正社員で月給18万円、パートで時給9百円台程度が相場のようです。給与に関しても、介護士との兼業で夜勤などがある場合は深夜手当などの分収入が増えるでしょうし、日勤のみの事務専業だと、他の介護士より収入面では減ることも考えられます。

介護事務職取得のメリットと資格の選び方

介護事務の中心的な仕事である介護報酬請求業務の知識を重点的に証明したいなら「介護事務管理士」、介護報酬請求業務以外にも介護業界で必要なコミュニケーション、社会福祉介護技術など全般的に知識と技術を備えていることを証明したいなら「ケアクラーク」などと、資格自体にもそれぞれ特色があるようです。就業を希望する施設や就業スタイル、今までの職務経験などを踏まえて受験する資格を選ぶのが資格取得のコツになるようです。
介護業界への新たな挑戦の一歩としての資格取得はもちろんですが、既に介護に関する仕事をしている方も、実際にどの程度の知識や技術を有しているかという証明になるので、転職や昇進にも有利に働くかもしれません。
また、実際にお仕事をするということ以外にも、資格取得を通して介護福祉について深く知ることにつながりますから、いつか来る家族の介護などへの準備としてもメリットがあるようです。