就職に有利?介護事務、介護事務職資格について知ろう

介護事務職の仕事内容

介護サービスに関する事務作業全般を担当している介護事務職ですが、その中でも最も割合が大きく重要なのが介護報酬請求に関する仕事です。
介護給付費明細書「レセプト」を作成し、自己負担分である1〜2割を利用者に、残りの8〜9割を都道府県の国民保険連合会に請求します。
この請求によって得た金額が事業所の収入の大部分になるわけですから、介護事務職の存在はとても重要です。
請求金額はサービス利用者の要介護度などによって変わってきますので、介護保険制度について深い知識が必要ですし、介護保険制度自体が数年ごとに変わるので、継続して勉強していく必要があります。また、利用者のケアプランを作成するケアマネージャーのサポート的な業務や利用者やご家族と施設をつなぐ窓口になるようなこともありますから、介護や介護福祉制度全般を一通り知っている必要があるでしょう。

介護事務職につくためには?

介護事務職につくためには必ずしも特定の資格は必要ありません。ただし、複雑な介護保険制度を一通り押さえているという証明になるのが介護事務職資格です。
国家資格はなく、財団法人日本医療教育財団が認定する「ケアクラーク」や、株式会社技能認定振興協会が認定する「介護事務管理士」などいくつかの民間団体が定めた民間資格があります。どちらも似通った内容で、どの団体のどの資格が有利というようなことはありませんから、受験する際の試験内容や費用、日程など自分に合ったものを選ぶのが良いと思います。
また、大体の場合は実際のレセプト制作作業はパソコンで行うので簡単なパソコン操作が行えることや施設内での他の職員、とりわけサポート業務に就くことも多いケアマネージャーや利用者などとスムーズに関係を築くための基本的なコミュニケーション能力も必要になるようです。