就職に有利?介護事務、介護事務職資格について知ろう

介護の現場で高齢者の介助などをする介護士は有名ですよね。 介護事務職は、介護施設や介護サービスを提供する事業所で介護サービスに関する事務全般を受け持つ縁の下の力持ちであり、時にサービスを受けるお年寄りやご家族と施設とをつなぐ窓口にもなる、現在活躍が期待される仕事です。

介護事務職資格の取得方法は?

介護事務職は国家資格がありません。同じような内容でいくつかの団体が定める民間の資格があります。 受験資格や難易度、合格率などはどうなっているのでしょう。需要が高まっている介護事務職ですから勉強法は独学以外に通信教育などで複数の講座が実施されています。資格を知り、スクール選びのコツを考えます。

介護事務職資格取得の前に知っておきたいこと

介護事務職資格を取得し、介護施設、介護サービス事業所に就職してからこんなはずではなかったということがないように、介護事務職が実際の就職先ではどんな立場なのかも押さえておきましょう。 ここでは待遇や職務内容などの実態と、介護事務職資格を取得するメリットについて紹介します。

介護事務はどんなことをするの?

高齢者の割合が増え続けている現在の日本で、介護業界はいつでも人手不足というニュースはよく目にしますよね。
実際にお年寄りのケアをする介護士以外にも事務のスペシャリスト、縁の下の力持ちの需要も高まっているということはあまり知られていないかもしれません。
介護事務職資格は、そんな介護にまつわる事務のスペシャリストを認定する資格です。
就職先が必ず見つかるような手に職といった資格を取得したい。医療や介護に興味はあるけれど体力には自信がないし、看護師などの資格は難しそう。実際自分に何ができるかわからないという方も多いのではないでしょうか。
病院やクリニックなどの医療機関における医療事務のように介護事業所でお仕事をする介護事務。
介護は現在、医療以上に成長を続ける分野と言えます。介護サービスの種類も事業所数も年々増加の一途をたどっています。入所、入居施設からデイサービスや訪問介護事業所、福祉用具レンタル事業所のような居宅介護支援事業所まで種類も規模も様々です。実際に介護サービスを提供する事業所以外にも保険連合組合や損害保険会社、保険審査機関などでもこの資格を有した方への求人があるようです。
介護事務職資格は高齢化社会の現代において職にあぶれることのない資格と言えるかもしれません。
そこで、このサイトでは介護事務職とはどんな仕事なのか、受験資格や勉強法などの資格取得に関する知識、そして、介護事務職として働く上で知っておきたい給与などの待遇面や資格取得のメリットなど介護事務のスペシャリストを目指すための導入を全般的にご紹介していきます。

就職に有利?介護事務、介護事務職資格について知ろう

介護の現場で高齢者の介助などをする介護士は有名ですよね。 介護事務職は、介護施設や介護サービスを提供する事業所で介護サービスに関する事務全般を受け持つ縁の下の力持ちであり、時にサービスを受けるお年寄りやご家族と施設とをつなぐ窓口にもなる、現在活躍が期待される仕事です。

介護事務職資格の取得方法は?

介護事務職は国家資格がありません。同じような内容でいくつかの団体が定める民間の資格があります。 受験資格や難易度、合格率などはどうなっているのでしょう。需要が高まっている介護事務職ですから勉強法は独学以外に通信教育などで複数の講座が実施されています。資格を知り、スクール選びのコツを考えます。

介護事務職資格取得の前に知っておきたいこと

介護事務職資格を取得し、介護施設、介護サービス事業所に就職してからこんなはずではなかったということがないように、介護事務職が実際の就職先ではどんな立場なのかも押さえておきましょう。 ここでは待遇や職務内容などの実態と、介護事務職資格を取得するメリットについて紹介します。